金曜日に登録していた派遣会社におすすめされた企業を訪問してきました。正直全く期待はしていずかなり気楽な感じで臨んだら、普通に面接のようで緊張しました。(緊張しいなので)

今までの経歴や勉強したこと、これからどうなっていきたいかを簡単に説明して、いくつか質問を受けました。

【聞かれたこと】
・なぜエンジニア/ プログラミングに興味をもったのか
・それを身につけてどうなりたいのか
・HTML,CSS実際どう?
・JS触ったことある?
・SCSS知ってる?
・フォトショ、イラレ使える?画像スライスしてもらうとかやってもらえる?
・作ったもの、ポートフォリオある?
・今後人間がする仕事が減っていくと思うけど、コーダーという仕事もなくなるかもしれない、そこらへんはどう思う?

こんな感じでしたが、自分が思う素直な答えをお答えしました。
以前転職活動をしていた際には、自分のやっていることにも自分自身にも自信を持てずしどろもどろでうまくできなかったものが、今回はスラスラと自分がどうなっていきたいのか話せたのは、この半年に培ってきたものや、師匠からの色々なレクチャーのおかげでいつの間にか意識がそこまで変わっていたのだと感じました。

で、いきなりテストをやりますとなって、簡単なCSSを組まされましたが、いつもCodesandboxでサクサクと作成しているもんでいきなり違うエディタを出されて戸惑った。VScodeにも普段から触っておこう。

結果はどうであれ、とてもいい経験だったと思う。勉強も作品作りも継続してやって。そしてまた次に繋げていこうと思います。

【余談】
どの面接でも必ず聞かれること:
道路設計やってたの?、CAD使えるの?、大学でもそういう勉強をしていたの?、ニューヨーク留学の話、ダンスの話、どんなジャンルのダンスか、今もダンスを続けているのか、なぜ帰ってきたのか、英語を使いたいと思わないのか

→私の履歴書は過去のブレブレな自分の証明書ですね。(本当はすごく恥ずかしい。)だからこそ、今自分がどうなっていきたいかを明確に、これからの覚悟を強く主張する必要がある。

c.sakyou

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です